トリプトファンは必須アミノ酸の一つで、人体に必要不可欠で、体内で生成することができません。

 

サプリメントに頼らずとも、私たちは普段から肉や魚、豆類などからトリプトファンを摂取しているんですね。

 

トリプトファンは良質な睡眠に必要不可欠なセロトニンの生成に関わっているので、睡眠の質を改善したい!と思っている方はぜひ多く摂取していただきたいです。

 

ただし日本ではトリプトファンサプリは栄養補助食品や栄養素としてのみ販売が許可されているので、効果・効能を謳うことは薬機法で制限されています。

 

それが潤睡ハーブが睡眠という言葉を使えない一つの要因なんですね。

 

こんなことする必要あるのあかなぁと個人的には思いますが、科学的にトリプトファンがセロトニンの生成に関わっていることは認知されていますので、潤睡ハーブを飲むことで効果を実感できるわけです。

 

そして、トリプトファン不足というのは男性よりも女性に多いのです。

 

かくいう私も女なのですが、やはり生理前や妊娠中などはかなり睡眠障害に悩まされてきました。潤睡ハーブのおかげで無事回復しましたが、セロトニンの分泌が足りてなかったのだと今になって思います。

 

心当たりがあるかたは、潤睡ハーブをぜひトリプトファンサプリ代わりに飲んでみて下さい。きっと効果を実感できるはずです。

潤睡ハーブがトリプトファンサプリとして優れている理由

潤睡ハーブがトリプトファンサプリとして優れていると思う理由は、素材に徹底的にこだわっていて安いことです。

 

潤睡ハーブから摂取できるトリプトファンは、クロレラが原材料になっています。

 

必須アミノ酸は一つだけ摂取しても働きが半減する性質があるので、全部で9種類ある必須アミノ酸を効率よく摂取する必要があるのです。

 

潤睡ハーブはそれら9種類の必須アミノ酸に加えて、20種類のアミノ酸を配合しているいわば完璧なサプリです。

 

ただのトリプトファンサプリとはわけが違うんですね。

 

更には独自の発酵技術で凝縮したギャバも配合しており、そのほかにも沢山のハーブを配合しているわけです。

 

これで値段は1,980円。2回目以降も3,990円と、値段のやすさも半端じゃないです。

 

最初だけ試してみて、定期便は解約という選択肢ももちろんありますから、本当に良心的な商品だなぁと思いますよ。

 

やっぱり企業としては売りたい!わけですから。

 

私たちに超良質な物を届けてくれる上に、ギリギリの利益で提供してくれるなんて、他のサプリにはないですからね。

 

中には数ヶ月で1,000円ぐらいのサプリもありますが、そんなのはほとんど効果がないと思ってもらってかまわないです。美味しい話の裏側にはなにかありますからね。

 

そういう意味では潤睡ハーブは本物なんだなぁと改めて思いました。