早朝覚醒とは

潤睡ハーブの購入を考えている方の中で、早朝覚醒に悩まされている方は非常に多いと思います。もっと寝ていたいのに、朝早くに目が冷めてしまって、それ以降眠れないという睡眠に関する悩みが、早朝覚醒です。

 

早朝覚醒の辛いところは、寝たいのに寝られないというところと、それにともなって日常生活に支障が出てしまうことです。日中に強烈な眠気に襲われてしまったりすることもあります。

 

睡眠に関するトラブルはどれもつらいですが、果たして潤睡ハーブは早朝覚醒にも効果はあるんでしょうか?

 

私は早朝覚醒に悩んだことはないのですが、睡眠障害を患っていました。一日中眠ることが出来ず、朝まで目をつぶっても眠れずに、そのまま最悪の状態で仕事に行かなければならないということを繰り返していました。

早朝覚醒の原因は?

早朝覚醒の主な原因は加齢と言われています。

加齢に伴って睡眠の質は変化していくので、60歳を越えると6時間以上眠れるという人のほうが少なくなってくるのです。

 

 

つまり年を取るに従って、
睡眠時間が減っていくというのは
至極当然な事なわけです。

 

 

若い頃と同じように8時間寝なきゃいけない!

 

 

と思い込むことが、既に間違っているということですね。

 

 

しかも、その日によって身体や脳にとって必要な睡眠時間というのも変わってくるはずです。また睡眠の質がよければ、短時間の睡眠でも8時間睡眠と同じような睡眠の質をとることだって出来るはずなんです。

 

 

人間の細胞というのは常に入れ替わっているわけですし、私たちの食べるものも全く同じではありません。

 

 

ですから、早朝覚醒の原因として
対策をする前にまず自分が勘違いをしていないか?
考えてみましょう。

次に薬の副作用です。

例えばパーキンソン病治療薬や降圧剤、ステロイド剤などが挙げられます。

 

もしかすると自分が服用している薬に早朝覚醒のような副作用がある場合もありますので、いまいちど確認してみるようにしましょう。

 

うつ病

うつ病と不眠の原因は同じと言われています。

 

 

女性ホルモンバランスが乱れている

女性ホルモンバランスが変化しやすい生理前や妊娠中、更年期などは黄体ホルモンのプロゲステロンが分泌され、睡眠を浅くすると言われています。

 

では早朝覚醒を防ぐ方法は?

それでも、上記のような原因に当てはまらなかった場合は、早朝覚醒の睡眠障害の可能性があるため、医師に相談することが大切です。

 

しかし薬というのは対処療法のため、根本的な治療にはならない場合もあるので、結果的にサプリメントを服用している!という方が非常に多いです。

 

自律神経が乱れ、体内時計が狂っている可能性が非常に高い為、まずは生活リズムを正しいものにすることを心がけて下さい。

 

安眠グッズを整えたり、サプリメントを飲むことは非常に効果的です。

 

また運動も非常に効果的なので絶対に取り入れてほしいです。

 

潤睡ハーブは早朝覚醒の改善に最適

さて、ここまで色々と調べてみてわかったことがあるのですが

 

潤睡ハーブは早朝覚醒にも効果的だと思ったのです。

 

というのも早朝覚醒は深い睡眠が取れずに
慢性的に眠りが浅くなってしまっているということです。

 

体内時計が乱れてしまっているので、
昼間に眠くなってしまって2時間寝てしまい、
夜に2時間しか眠れないなど
といったことがおこります。

 

体内時計を整えてあげることを先決に、
潤睡ハーブで深い眠りがとれるように改善してみましょう。