サプリメントで気になるのは原材料のみ

私がサプリメント選びで気にするのは、
原材料だけといっても過言ではありません。

 

潤睡ハーブの原材料は、

 

  • クロレラ
  • アキノワスレグサ(クワンソウ)
  • ヒハツ抽出物(デキストリン、ヒハツエキス)
  • ラフマ葉抽出物
  • ギャバ
  • 金時生姜末
  • 結晶セルロース
  • ステアリン酸カルシウム
  • ビタミンB2
  • ビタミンB1
  • ビタミンB6

 

です。これらを見たとき、あまり見覚えがない原材料が並んでいると思いませんか?

 

普段原材料なんて気にしないよ!
という方もいるとは思いますが、
こういった原材料を見る癖をつけると、
潤睡ハーブに含まれている原材料がいかに珍しいかわかると思います。

 

まず目玉のクロレラですが、これは植物性プランクトンでスーパーフードとも言われています。薬局などでも売っているかもしれませんが、DHCのサプリで30日分が780円で売られています。

 

そう考えると潤睡ハーブの初回限定よりお得だなぁと思う方もいるかもしれませんが、他の原材料もあわせて見て下さい。

 

アキノワスレナグサことクワンソウですが、眠れいない時に良いとされる沖縄野菜なんですね。

 

これに関してはまず売ってないです。クワンソウのサプリなどで有名なものといえばマインドガードDXですが、1ヶ月分で7,000円と割高です。

 

めったに普通に手に入るものじゃないので、潤睡ハーブありがたいなぁと思いますね。

 

そしてヒハツ抽出物、ラフマ葉と原材料が続いていきますが、こちらも中々手に入らないですね。ギャバも同じくサプリなどで補うしかありません。

 

こう考えると潤睡ハーブは普通の食事では手に入らないものがしっかりと入った、良質なサプリメントということがわかります。

 

色々なサプリを組み合わせて潤睡ハーブと同じだけの成分を摂取しようとすると、まず1,990円ではおさまりませんし、3,990円は妥当な金額だと思います。

 

もしかすると4,000円以下で抑えられるかもしれませんが、手間を考えたら潤睡ハーブありがたし!ってなりますね。

 

いろいろごたごた考えずにただ飲む。それだけでよくなるって素晴らしいです。ありがとう潤睡ハーブ。