妊娠中に潤睡ハーブは使っちゃ駄目?

潤睡ハーブの正しい飲み方とは?

潤睡ハーブの正しい飲み方とは?

お薬と違って潤睡ハーブはサプリメント(健康食品)なので、摂取制限はありません。そのため、飲むタイミングや飲み方は基本的には自由になっています。

 

しかし、潤睡ハーブにも効果的に飲む方法・タイミングがあります!

 

なので潤睡ハーブをより効果的に飲みたいという方や飲み方を知りたいという方のために、その方法をご紹介します。

潤睡ハーブは1日にどれくらい飲めばいい?

潤睡ハーブは1日にどれくらい飲めばいい?

潤睡ハーブは摂取量も決まりはありません。
でも、1日の摂取目安量として3粒から6粒がおすすめです。

 

健康食品なので自由に自分の体調や悩みに合わせて量を調整することができるのが特徴です。

 

例えば特に休息できていないと感じている方には1日6粒摂取し続けることができます。休息の維持のために飲み続けたいという方には3粒でもOKです。

 

1日に何粒飲むのかは自由ですが、毎日飲み続けるというのが重要です。

潤睡ハーブを効果的に飲むタイミングは?

お薬ではないので食後や食前といった決まりはありません。
より効果的に潤睡ハーブを飲みたいという方には就寝前の入浴後に飲むのがおすすめです。

よりぐっすり休息するお風呂の入り方とは?

睡眠・休息の質は体温と関わりがあります。
人は眠る際に体の奥の体温の深部体温が下がり表層の温度の皮膚温が上昇します。
そうして日中に働いていた脳などの臓器を休ませるために、熱を逃がすのです。

 

眠りにつきやすくするためには深部体温を下げることがポイントになります。

 

まずは深部体温を温めるために約40度ほどのお湯に10分程度つかることをおすすめします。

 

低すぎる温度のお風呂だと深部体温を上げることができませんし、熱すぎるお湯だと交感神経を刺激し眠りにつきにくくなります。

 

お風呂に入るタイミングとしては就寝する30分前までには済ませるようにしてください。

 

早すぎても深部体温を眠る前に下げてしまいますし、すぐに眠ってしまうと深部体温をなかなか下げられずに結果として眠りにつきにくい状態になります。

 

また、手足も冷えてしまっている状態でも熱がうまく放出されずに寝付きにくくなります。

 

潤睡ハーブにはめぐりをサポートする金時しょうがが配合されています。

 

入浴によって深部体温を温め、さらに潤睡ハーブを利用してよりよい休息へとつなげてください。

潤睡ハーブは水で飲むべき?

潤睡ハーブは水で飲むべき?

潤睡ハーブは何と飲まなければいけないという決まりもありません。
水で飲んでもOKですが、おすすめなのは白湯・ホットミルクなど温かいものと一緒に飲む方法です。

 

特に白湯はホットミルクだと眠る前のカロリーが心配という方にも向いています。
白湯にはデトックス効果や冷え性の改善が期待できます。

 

そして、温かい白湯を飲むことで眠る前の深部体温を上げることにも役立ちます。
ゆっくりと温かい白湯を飲んで、リラックスするのも良いです。
また、デトックス効果から体に不要な毒素や老廃物を排出してめぐりを高めることが期待できます。
潤睡ハーブにもめぐりを高める成分が配合されています。
白湯と合わせて飲むことよって、より冷えから眠りにくいというのを改善することに役立ちます。

 

より質を高めたいという方には白湯で飲むのがおすすめです。

 

また、眠る前におすすめできないのがアルコールとカフェインの入った飲み物です。
どちらも睡眠の質を低下させるので、できるだけ就寝前には飲まないようにするのが良いです。

潤睡ハーブは睡眠薬併用でも飲める?

/

健康食品なので睡眠薬との併用もできます。
潤睡ハーブを飲むからといって睡眠薬を飲むのをやめるのはおすすめできません。
もしも、睡眠薬を飲むのをやめたいという場合には担当医師と相談のうえで決めるのがおすすめです。

 

潤睡ハーブは飲み続けることで改善していくサプリなので、睡眠薬のような即効性はありません。
併用しながら休息を改善していくことで、よりよい眠りに導いてください。

 

また、睡眠薬ではなくワルファリン(ワーファリン)を飲んでいる方は必ず担当医師に確認したうえで潤睡ハーブを飲むようにしてください。
ワルファリンには一緒に摂取すると効果を弱めたり、強めたりしてしまう成分があるためです。

潤睡ハーブは高齢・妊娠中・子供でも飲める?

潤睡ハーブは高齢・妊娠中・子供でも飲める?

ご高齢、妊娠中、子供でもぐっすりとした休息がとれないという悩みはあります。
しかし、一方で副作用が気になって飲んでも大丈夫なのかと心配になりますよね。

 

潤睡ハーブは安全性が考えられた植物由来の休息サプリなので高齢、妊娠中、子供でも飲むことは可能です。
ご心配な方は医師に相談してから、目安量3粒から始めてみて下さい。

 

お薬ではない健康食品なので副作用はありません。

 

食の欧米化が進むなかで、年代・性別関係なくアミノ酸は不足しがちです。
良質なアミノ酸が豊富なクロレラを配合した潤睡ハーブでアミノ酸を補い、イライラから休息しにくい状態を改善してみてください。

潤睡ハーブは飲み方と飲み続けることが重要!

潤睡ハーブは効果的な飲み方を継続していくことが重要です。
お薬ではないので、飲んだからすぐに効果があらわれて眠りやすくなる・ぐっすり休息できるといった効果があるわけではありません。

 

早い方だと1週間ほどで実感される方も居ますが、最低でも3ヶ月は継続してみてください。
潤睡ハーブを飲み続けながら、生活習慣も改善していくのがおすすめです。

 

お薬のように即効性はありませんが、植物由来のこだわりの成分が詰まった休息サプリなので安心して飲み続けることができます。

 

そして、同時に生活習慣を見直していくことも大切です。
そのサポートに潤睡ハーブを取り入れながら、よりよい休息がとれるように導いてあげてください。

最終更新日: